お客様タイプ別対応~時間がなさそうな方への接客とは~

株式会社HAYASHIDA-CS総研

06-6345-8850

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル3階

営業時間 9:00~18:00(平日)

お客様タイプ別対応~時間がなさそうな方への接客とは~

分かりやすいホスピタリティブログ

2018/02/26 お客様タイプ別対応~時間がなさそうな方への接客とは~

お客様は十人十色。
100名いれば
100通りのタイプの
お客様がいます

 

 

よく観察し、会話をすることで
お客様にあった接客を
心がけたいものです。

 

 

 

①時間がなさそうにされている方

 

忙しそうにしている人は
動作が早く、よく動かれます。

 

 

お客様から依頼されことは
迅速に対応しますが
お客様の氣に合せて
スタッフまで早口になったり

 

動作を早くしてしまうと
丁寧さが伝わりません。

 

 

お客様が早口なら
あせらず丁寧に応えます。

 

 

②なかなか決断をされない方

 

選択肢が多いと選べなくなります。
お客様と会話し
好みを伺ったり、使用目的などを
伺います。

 

 

商品やメニューの具体的な
特徴やお客様から頂いた
お声などを添えながら提案します。

 

無理に押し付けないようにしましょう。

 


③疑いの目を向けられる慎重な方

 

「買わされる」と警戒されて
いらっしゃる方には
いつも以上に誠実な接客を心かげます。

 

 

メリットとデメリットを明確にお伝えし
おススメし過ぎない事です。

 

 

240_F_112201474_mNj5SZxFk9DXPtbh8YEC3lDNId8zBAGn.jpg

 

 

 

 

 

 

④おとなしそうな方

 

お客様のぺースを崩さないように
観察します。目線や商品に止まり
その後スタッフを探す感じなら

 

「お伺いいたしましょうか?」とさりげなく
お声掛けします。

 

 

 

⑤自己主張が強そうな方

 

お客様のお好みやお気持ちを尊重しながら
提案しましょう。

 

 

 

 

⑥知識が豊富な方

 

お客様がおっしゃる以上に
「もっと知っていますよ」と
対抗せずにお客様に
「お詳しいですね」「よくご存知ですね」と
褒めながら
お客様のお好みを
見抜き提案しましょう

 

 

 

⑦威圧的な雰囲気のある方

 

ゆっくり丁寧な対応をすれば
お客様の心も穏やかになります。
本当に嫌なら来店されません。

 

 

 

お客様お一人おひとりを
大切に想う気持ちで
明るく、丁寧に対応すれば
どのようなタイプのお客様にも
受け入れられます。

 

240_F_170109307_rf5HW9hmfdyhzT3TRH2UWjIPS3xokIjR.jpg

TOP