働くモチベーションを上げ、持続させるためには

株式会社HAYASHIDA-CS総研

06-6345-8850

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル3階

営業時間 9:00~18:00(平日)

働くモチベーションを上げ、持続させるためには

分かりやすいホスピタリティブログ

2019/04/18 働くモチベーションを上げ、持続させるためには

社員の方がいやいや仕事をしていたら
成果は上がりません。

 

 

やる気を高め
成果をあげたいと皆さん思っています。

 

 

 

やる気には
①テンション

②モチベーション

の2つに分けられます。

 

 

 

①のテンションは瞬間的なもので
持続しません。

 

②のモチベーションには

2つあります。

外発的モチベーション

 

内発的モチベーション

 

外発的モチベーション
外から与えた刺激や報酬で
お金や誉める事、ご褒美があります。
体罰や評価もここに入ります。

 

内発的モチベーション
自分自身でその行動を選び、自分の
意思で動いている感覚。

 

 

やり方を決めて
そのやり方を楽しむ事が
できれば
内発的モチベーションは
<効果を発揮します。

 

 

外発的モチベーション・
内発的モチベーションにはそれぞれ
メリットとデメリットがあります

 

 

外発的モチベーションのメリット

●ルーティンワーク・標準化された仕事に
 活用すると生産性に役立つ

●短期的に効果があげられる

●評価や報酬など汎用性が高く
 誰でも実施しやすい

 

外的モチベーションのデメリット

●持続性が無く、更に強い刺激が必要

●自主性を引き出しにくい


内発的モチベーションのメリット

●充実感、満足感、達成感を感じやすい

●持続性が高い

●自己成長につながる

 

内発的モチベーションのデメリット

●時間がかかる

●内発的モチベーションは個人差があり
 汎用性がない

●本人の関心や興味がないと難しい

 

内発的なモチベーションが
高い方は持続性があり、
自発的に考えて動きます。

 

しかし

 

内発的モチベーションが
発揮されるまで

時間がかかる為
外発的モチベーションと
組み合わせをして>
いくことが良いです。

 

何の為に仕事をして

どうなりたいのかの目的・
目標を明確にする。

 

 

目標が達成できれば

ご褒美や報酬があれば
モチベーションは高まります。

 

これを繰り返し

報酬よりも理想的な姿に>
なった事に
喜びを感じ、仕事を
楽しめれば
内発的モチベーションに
シフトしていきます。

 

そうなれば
半永久的にやる気がもって
成果があげ
自信と誇りをもった社員が育まれます。

 

 

TOP