生産性が高まるホウレンソウをするための意識改革と行動改革

2018.10.09
「報連相は大切」と考える
ビジネスパーソンが
ほとんどです。


報連相があがってこない為に
進捗が遅れたり、ミスに繋がったり
信頼を落とすことになります。



報連相を円滑にするためには
部下の意識を変える事、
また上司の行動を変える事です。



まず、
上司の方の『行動を変える』ですが


①忙しいオーラ、話しかけないで
という雰囲気を出さない


忙しいオーラが出ている人に
話しかけづらいです。


緊急の報告も
話しづらい雰囲気で
「後にしよう」と部下に
思わせてしまい、報告が遅れてしまいます。

解決方法

日頃から部下と会話をし
話しやすい雰囲気をもつことです。



240_F_205158594_3Kpem9AZhFSSTLBpaYYssURdEd7vz6Jt.jpg






②部下を責めない

部下を責めるとなかなか
報告が上ってきません。


悪い報告ほど早く受けなければ
状況は悪化します。

解決方法

悪い報告をした部下に『ありがとう
を言える
心の広さを持ちましょう


③報告してくれたその後
の報告を本人に返す。


報告はすれば終わりではなく
最後まで責任を持たすために
事後報告に報告をしてくれた部下に
する。

このことで部下の知識の
ストックとなり
次に同じことがおこった際に
対応ができるようになる


④部下に要点を簡潔に
伝えてもらうように指導をする

部下に簡潔に分かりやすく
伝えるトレーニングや報告の
方法を指導する。



⑤優先順位の共有化
上司の重要で緊急な
仕事と部下の優先順位が
ずれていると
部下が報告を後手に
回すことがあります。
どのようなことを優先的に
報告するのかを伝えておくことが大切です。

240_F_171291534_PmRysbFJZA6p0os9rdWGvGNnDFtmxtDC.jpg











部下の意識を変える

①何かあったら小まめに報告をする。
報告することで事前にミスを防げたり
上司から指導を受けれたり
いいことが沢山あります。


上司とのコミュニケーションがとれて
上司からの好感度が高くなります。


②悪い報告ほど早くする
悪い報告が遅れるほど状況は悪化します。
出来るだけ早く報告しましょう


③報告をする際は結果から
分かりやすく、簡潔に状況を伝える
には結果から話すことです。


④上司とのコミュニケーションを積極的にし
  報告しやすい関係性をつくりましょう。







⑤報告したらそれで終わりではなく、その後
どうなったのか確認しましょう。




報連相が円滑に出来れば
ムダを省け、スピーディに仕事ができ
生産性が高まります。


240_F_139351562_iihpWsNBJmy135BbpSl1uA5H14qQ2l6a.jpg




お問い合わせ