顧客満足を得るための従業員満足

顧客満足度と従業員満足度
顧客満足度と従業員満足度

企業を経営していく上で、顧客満足度は非常に重要です。
どのような企業も顧客満足度が低ければ業績を良くすることはできないでしょう。
顧客満足度を上げるために、多くの企業は顧客のことばかり考えています。
顧客を重視しているのに、顧客満足度がなかなか向上しないという企業もあるのではないでしょうか。
顧客満足度は、従業員満足度と関係していることを知っておきましょう。
まず初めに、従業員満足度と顧客満足度について理解しておく必要があります。
従業員満足度は、企業や上司、給与、福利厚生など仕事をする環境に対して満足しているか、不満足かを測る指標のことです。
顧客満足度は、企業のサービスを受けたお客様が、期待に応えているか、ニーズがあるかを示す指標で、企業の売り上げや利益に大きく関わる重要な尺度と言えます。

両方を向上させなければならない
     両方を向上させなければならない

顧客満足度と従業員満足度がなぜ関係しているかというと、生産性が大きく影響するからです。
より良いサービスを提供し続けるためには、生産性の向上が欠かせません。
生産性を向上させるためには、従業員が働きやすい環境を整える必要があります。
従業員満足度が向上することで、自発的に考えるようになり積極的に仕事をするようになるでしょう。
従業員満足度が低く、仕事に対してのモチベーションがない従業員が多い企業は、生産性が低くなり、良いサービスを提供することができなくなるため、顧客満足度も低くなるのです。
また、従業員満足度が低ければ、優秀な人材は他の企業へ転職してしまい、企業の業績にも影響します。
従業員の中には言われたことをこなすだけで、満足だと感じる人もいるでしょう。
そのため、従業員満足度だけを重視してしまっては、仕事へ積極的に取り組んでいる社員のモチベーションを下げてしまうなどの、逆効果になってしまうこともあるため、顧客満足度だけを重視する、従業員満足度だけを重視するのではなく、両方を向上させる必要があります。
業績を上げるためには、どちらもお互いに影響を与えあい、向上する環境を整えましょう。


お問い合わせ