クレド(信条)で経営者のお悩みが解消します

2017.05.15
企業で最も大切にされていることは
使命と目的、社会的責任などミッションである
企業理念です。



この理念を従業員の方が
十分理解して
主体的に行動してほしいと
経営者や役員の方思われています。




企業理念に書かれていることは
どの会社も素晴らしく感動します。


現在は理念の重要性が分かるように
なりましたが、
サラリーマン時代には
ほぼ理解できず
自分ごとになっていませんでした。




ただ書かれていることを
見ていただけで
唱和すらしていませんでした。




従業員の方々に自分ごととして
とらえ、行動に移して頂く
ためには



従業員の方々から
発信するクレド(信条)にして
浸透させることをお勧めします。





弊社で作成サポートをしている
クレドは従業員の方々から選出して
プロジェクトチームを編成頂きます。


クレドプロジェクトチーム.png



プロジェクトの皆さんには
クレドを作成する前に
企業理念・行動規範
・お客様が期待して下さること
社内風土など

会社の事を
よく知って頂きます。



その上で理想とする職場
お客様にお喜び頂けることを
文章化し仕組みを考えます。



苦しい中からは
何も生まれないので
楽しんで取り組んで頂いています。


ここ言う「楽しい」とは

・理想を現実化させる
・自己成長
・自信や誇りをもつ
・仲間と目標を達成する


などです。



クレドを創る
プロセスで新しい
自分の発見ができ
喜びに変わります。


このプロジェクトを中心に
考えを広めていくことが重要です。



経営者や役員がクレドを創り
部下に渡すと「命令」
「やらないといけない規則」に
なりがちです。


従業員発信にすることで
規則ではなく
目指すあるべき姿』になります。

クレドで自発的行動.jpg




クレドを活用することで
従業員の方の意識が変わり
理念が自分ごとに変わってきます。





■クレドを作成したが
上手く活用できていないと
お悩みの方がいらしたらご相談ください。




クレド)(信条)を活用したことによる成果 ~人財損失防止~

2017.05.10
クレド(信条)は顧客の満足度を高めるツールで
あるだけでなく、
従業員の満足度(ES)の向上に繋がり
大切な従業員の方を失うことを防止します。


人が会社を辞める理由は
様々ですが一番の理由は
人間関係」です。



人間関係を良好にして
働きやすい職場環境を整えることで
離職率は低下します。




人財損失による企業の損失

●顧客からの信頼が下がる

●現場で働く方のモチベーションが下がる

●人財確保にかかる費用と時間

●仕事の効率が下がる


など多大な損失があります。




人財損失を防止できれば
顧客から信頼をして頂き、
業務の効率は高まります。


現場で働く方たちの関係性が
よくなり情報共通がしやすい環境を
つくることができます。

クレド人財損失防止②.jpg


弊社がサポートする
クレド(信条)には
『理想とする職場風土』が記載されています。



どのようにすれば
明るく活気ある職場を創ることが
出来るのか、



夢を語り合う仲間との関係を
良好に出来るのか


チームワークを育む行動は
何なのかを考えて
行動していただきます。



職員の方が共有の価値観を持つことで
助け合いの風土ができてきます。


助け合うことができる職場は
人間関係が良好になり
辞めていく人が減少していきます。



クレド(信条)を導入した企業の成果

2017.05.02
クレド(信条・指針)を導入した企業の成果を
上げて下さっています。




弊社がサポートしてクレドを作成し、運用して
10年以上たつ企業が増えてきました。


先代社長の林田正光が
継続は力」と常に申しておりました。
まさしくその通りになっています。


継続することで様々な成果が出ています。




企業、お店がかかえているお悩みの1つに
「人財確保に苦戦」
「離職率は高まっている」と
いう声は少なくありません。



特に医療・介護施設の人材不足は
社会問題になっています。



弊社の顧客様の病院・介護施設では
離職率が低いことが特徴です。




顧客様の総合病院A病院は
年間離職率が25%以上あったのが
5%になったという例もあります。



違う世代、性別、職種、性格、思考の方々を
共通の価値観であるクレド(信条)を通して
尊重し合い、協力できる風土を創っています。



クレドはマニュアルではないので
抽象的なことしか書いていません。


書かれていないところを職員の方々と話し合い
共有しています。


例えば
患者様」という言葉を
拡大解釈します。




「なぜ、患者さんでなく
患者様とクレドに書かれていると
思いますか?」と質問をします。




「さんより様の方が
目の前の方を尊重した表現になる」



「様の方がそれに続く言葉が
丁寧になる」など
自らの言葉で話してくれます。







自分で考えて発言した方が
良く覚えて行動に移す率は高まります。



クレドは階層がちがっても
活用できます。


経験値が高まるとより深い解釈が
できるようになります。


管理職の方には
「部下の育成の答えはクレドの中にあります」と
伝えているので皆さん
心のよりどころにして下さっています。




クレドは人財損失の防止にもなり
また、良い人財との縁を
つないでくれます。



クレド おもてなし.jpg


次回は人財損失防止と
良い人財を引き寄せるについて
ご紹介します。


顧客満足度向上に必要なこと

2017.04.21
顧客満足度を高め、お客様から信頼を
得て、企業価値を高めたいという想い
皆さん同じです。


どのようなやり方が良いのか、
どの手法を取り入れればいいのかは
会社やお店によって異なります。



顧客満足度を高めることは
ダイエットに似ています。



「○○ダイエット」「これをすると痩せる」と
毎日のようにネットで情報が流れ、
メディアで取り上げられています。


そして
ブームになったかと思うと
消えてなくなります。


どの方法がいいのかは
体質や生活環境や
運動習慣が違うので
一概にこれが良いとは言えません。



自分に合った方法や食品を使って
長く結果が出るまでやり続けること
最大の効果につながります。



yjimage.jpg


顧客満足度向上もそれぞれに
あった方法で
長く続けると結果が出てきます。


弊社の顧客様がクレド(信条)を創り、
運用し続けて下さっているところは


■ 業績アップ

■ 離職率の低下(人財損失を防止)

■ 良い人財が入ってくる

など結果がでています。


ダイエットに似ていると
申し上げましたが
様々なダイエット方法が
出ては消えていくのは
結果が出る前にやめてしまうということです。



ダイエットも顧客満足度向上も
即効性はありません。




正しいやり方でやり続ける事が
成功に一番近いです。




ダイエットが続けるコツは
結果が感じられることです。

体重・体脂肪率・血糖値
服のサイズ・身体のサイズが
ダウンすると
やる気につながります。




顧客満足向上も結果を
数値化して向上
していることが分かるようにしておくと
継続につながります。





顧客のリピート率や紹介件数など
効果測定の目標をもっておくことも
大切です。




やり続けることができるようにする
創意工夫も大切なことです。





『すごい!研修50選』に掲載頂きました

2017.04.10
2017年版
『すごい研修50選』に掲載いただきました。


IMG_5673.JPG


弊社では
研修はご依頼いただく会社のお悩みや
また目標をお伺いし、全てオーダーメイドで
ご提案をしています。



企業理念や行動規範を拝見し
プログラムを作りますので、実践的で、
研修後も継続して意識を高く持っていただくように
しています。


顧客満足度を高めることで
企業の価値が高まります。



従業員の方々が使命感を持って
働いている企業は成長し続けます。




異なる価値観、性別、育ってきた環境
学んできたこと、性格の違う人たちが
目標に向かって1つになるためには
明確な指針が必要です。


弊社ではその指針となる
クレド(信条)の作成のサポートを
しております。

クレド?



聴いたことがあるがよくわからないと
おっしゃる方は是非お問い合わせくださいませ。


クレド問い合わせはこちら







お問い合わせ