怒りの感情コントロールの前に人間関係を良好にする

2018.11.19

アンガーマネージメント協会の
講座を受講しました。


アンガーマネージメントを
「怒らないこと」ととらえている方は
少なくないです。


怒る必要のあることは上手に怒る
怒る必要のないことは怒らないこと
と先生が話されていました。



怒りは人間の自然な感情の1つで
怒りのない人はいないし、
なくすことも不可能です。


怒ることは、身を守るための
防衛感情でもあります。

240_F_171309997_nFm1sICVyWFISRS5laOzF2H588ErfgIJ.jpg






怒りがおこったら 
6秒待つと軽減できるそうです。


また
深呼吸したり、自分の中で
おまじないを唱える、
その場を離れるのも
効果的だそうです。



部下に対して上手に叱る方法


基準・・・  叱る時の基準が明確であること
        叱る基準が納得性が高いこと
     
        機嫌や人によって変えないこと
        メールや電話でなく面と向かって伝える


リクエスト・・・リクエストが具体的で明確なこと
         リクエストに応じる行動評価が
         明確であること


表現・・・   穏当な表現、態度、言葉づかい
         であること
  
         相手を責めない
         人格、性格、能力などではなくを責めない
   


自分の怒りのタイプがわかる
無料診断があるので
試してみてはいかがでしょうか。





感情をコントロールことは
とても大切なことです。

しかし人間は感情の動物なので
トレーニングをしなければ
すぐに上手に感情コントロールをすることは
困難です。


感情のコントロールトレーニングと合わせて
2つの事をお勧めします。



1つは
社内でのルール約束事を
きちんと決めておくことです。



基準がないと
注意されている人は
叱っている人の価値観や
基準で注意されていると
思うので、社内共通のルールが必要です。
そして指示の出し方にも工夫すべきです。


提出の指示についても
今週末までに提出して」と伝えるより





日15時までにAさんへ
提出して下さい。
フォーマットはこれでお願いします。
来週の会議で使うから
期限内に出して下さい。


だと受ける方も優先順位が高まりますし、
期限を守ろうとします。



2つ目は
人間関係を良好にすることです

『好意の原則』によると
人間は好意を持っている人から
要請を受けるとかなえて
あげたくなるとの事です。

240_F_128981191_tfgGJBUswKauubvTzlRISriUNhCE9Kjs.jpg

人間関係が悪いと
仕事よりあの上司の仕事は
後回し。。。と後手にされる可能性が
あります。



人間関係を良好にすることで
イライラやムカムカしながら
仕事をしなくてもいいので
無理に感情コントロールしなくても良いですし、
生産性も高まります。



「パワハラで訴えられたくない」ではなく
叱っても怒っても好かれる人、この人に
ついていこうと思われるような
人柄
が大切なのでしょうか。




お問い合わせ