お客様との出会いは必然。逢うべきしてあった お客様にリピートして頂くおもてなしの方法

2018.02.13
『人間は一生のうち逢うべき人には
必ず逢える。

しかも一瞬早すぎず、


一緒遅すぎない時に』

森 信三先生の言葉です。




お客様との出会いは
偶然ではなく必然。


お客様との出会いを大切に続けて
ご利用頂くために必要な
おもてなしの心得をお伝えします。



①お客様に対して真心と思いやりを惜しまずに
 接しましょう


相手の立場に立って考えて、
心からお世話をする
それがおもてなしの
根幹をなす心得です。



相手の立場を考えれば自然に気配りが生まれます。
お客様が望んでいることも分かります。


サービスはお客様が
してほしい時に
タイミングを逃さずに
提供することが大切です。


この日、この時が大事です。


その重要性を察した行動や
言葉がけが
お客様の心に残り、



何かあった時は貴社のことを
思い出してリピートして下さるのです。






②礼節と品格を保つ

相手と逢うときに
忘れてならないのは
『相手の貴重な時間を頂いている』と
いう意識です。


こうした意識を持てば相手に対する態度は
謙虚になり感謝の気持ちが生まれます。


紳士、淑女としての礼節と品格を持って
人と接することで自分自身が磨かれていきます。

240_F_113825122_kUfpMRLjac2skIKDcmcJart49cBCdBRE.jpg





先日
身だしなみや言葉遣いの
マニュアルがない会社の
マニュアルを監修させて頂きました。


管理職がマニュアルを
作成し、浸透させていきます


その時に現場の職員さんから



「今、困った事がないし、
今さらなぜマニュアル化するのですか?
キャラクターのついた服は
なぜだめなんのですか?


お客様からかわいいと
喜ばれましたよ」とおっしゃいました。



自分がお客様になったら
礼儀よく、品よく対応してもらうのと
慣れなれしく対応されるのは
どちらがいいですか?と質問をすると
ほぼ答えは


「丁寧に礼儀正しい方がよい』と
回答されます。


お客様に礼節を
持って対応する
きちんとした装いで
対応することは
お客様を大切に
していることの現れです。

240_F_128269841_Uy2QbbarjZMQPhpE8qwNWfSFXgRet6vD.jpg




自分が楽、きちんと
するのは面倒であはなく
大切に想う気持ちを
カタチにして表現することです。


お客様は大切にすれば
対応してくれた
スタッフやお店、会社を
家族同様大切にしてくれます



礼儀や品格
気配り・心配りが
生涯を育むことになるのです。


お問い合わせ