電話対応における顧客満足について

電話対応は顧客満足度に関係している
電話対応は顧客満足度に関係している

電話対応で顧客満足度を向上させることができます。
反対に、電話対応がしっかりしていなければ顧客満足度が下がってしまうため、向上に繋がる正しい電話対応について知っておきましょう。
電話対応は、常に丁寧に行います。
顔が見えない電話は、声だけで丁寧な態度を相手に伝えなければなりません。
丁寧な態度は、言葉遣いが大きく関係しています。
正しい敬語を使う必要がありますが、文法的に正しくても相手に不快感を与えてしまうこともあるでしょう。
正しい言葉遣いであっても、お客様に対しては不快感を与える言葉遣いは使わないようにして、より多くの人が耳あたりの良い言葉遣いを心がけます。
堅苦しすぎる敬語はお客様も堅苦しさを感じるため、丁寧に親しみが持てる表現を探ってみることが大切です。

電話対応のコツ
     電話対応のコツ

電話対応で信頼感を生むためには、コツがあります。
それは、最後まで言い切ることです。
曖昧な表現をすると、電話対応をしている人に対して不安感を抱くだけでなく、会社やお店に対しての不信感を抱かせてしまうでしょう。
最後まで言い切る努力をして、信頼感を獲得し顧客満足度を向上させてみてはいかがでしょうか。
また、コミュニケーションを円滑にするために、相槌も非常に大切です。
電話対応では、頭を小さく頷いて見せても相手には無反応だと感じるため、聞いているということを声で表現しなければなりません。
ご指摘の電話であれば、相槌もせずに聞いていると更に相手の感情を煽ることになる恐れがあります。
相槌を打つタイミングも大切です。
相手が少し息をつくタイミングなどの適切なタイミングで相槌をしましょう。
相槌を入れると相手の話すスピードが落ちるため、メモをとり、対応の仕方を用意してください。
しかし、ただ相槌をたくさん打てばいいというわけではありません。
適度に相手の声のトーンに合わせ、使う言葉を選んで相槌をしましょう。
電話対応には、様々なポイントがありますが、まずは言葉遣いや、相槌から意識して取り組んでみてはいかがでしょうか。
顧客満足度の向上につながるでしょう。

お問い合わせ