顧客満足はなぜ必要なのか?

顧客満足とはそもそも何者?
顧客満足とはそもそも何者?

企業が行う調査として、顧客満足度調査はおなじみのものとなりました。
顧客満足は、企業が顧客に対して満足してもらえる商品やサービスを提供することを目指した概念です。 そして顧客満足度は、顧客がどのくらい満足したかを図るための調査ということです。
顧客満足はCSと略されることもありますが、これは英語のCustomer Satisfactionの頭文字から来ています。
コンサルが受ける企業研修の中でも、顧客満足に関する企業研修は人気を集めています。
以前までは価格の高低、商品やサービスの優劣などで売れる商品・サービスが決まる傾向がありましたが、現在はそれだけでは勝負できない市場も多く見られるようになりました。
そこで、どんな商品が消費者に受け入れられるのか、現在のサービスで果たして消費者が満足しているのかどうかなどを企業側が理解し、より良い商品を提供するための指針として、顧客満足という概念が登場したのです。

顧客満足が必要な理由?
     顧客満足が必要な理由?

あらゆる企業は、顧客がいなければ成り立ちません。
BtoCなら消費者、BtoBならコンサルが顧客を獲得することで、企業は生き残ることができるのです。 顧客満足を無視した事業を展開してしまうと、顧客の求めているものと企業が提供しているものに誤差が生まれてしまいます。
質の良いものを求める消費者に対して、安ければ売れるだろうと企業側が無理なコストダウンを図ると、顧客は遠ざかってしまいます。
顧客満足度の高い企業は消費者のニーズに合った事業を展開し、常に消費者目線の商品やサービスを提供しています。
消費者が欲しがるものを提供しているのですから、利益が拡大するのは当然の流れでしょう。
顧客満足を追求することで消費者は満足し、企業にとっても利益が出る好循環が生まれるのです。
コンサルには、顧客満足の概念が不可欠です。
企業研修で顧客満足の概念を学んだコンサルは、顧客の求めていることを分析した上で、自社の商材を売るテクニックを身に付けることができるでしょう。

お問い合わせ