顧客満足を支えるホスピタリティの本質

海外との交流が盛んになるにつれ、近年は日本流の「おもてなし」が脚光を浴びています。 「おもてなし」の本質は、相手の気持ちを思いやる心を言葉や態度で表現し、互いを幸せにする知恵の結晶です。 私たちが長い時間をかけて培ってきた「おもてなし」の技術は、今や世界中で賞賛される洗練された精神文化であり、誇りの象徴と言っても良いのではないでしょうか。 「おもてなし」に当たる英語のホスピタリティは、顧客対応が必要な現場を統べる基本理念として、商業やサービス業をはじめとするビジネスの世界の全般に浸透しています。 新しい顧客を開拓するときはもちろんのこと、共に信頼を築き、ビジネスパートナーともなるロイヤルカスタマーを一人でも多く育てるにも、ホスピタリティの精神なくしては成り立ちません。 顧客目線のサービスの提供に行き詰まったときは、顧客満足に直結する「おもてなし」=ホスピタリティの本質に立ち返ってみましょう。 ホスピタリティの心は、顧客の笑顔を引き出すヒントがいっぱいに詰まった、ビジネスのバイブルなのです。

顧客満足は企業が顧客が満足する商品を提供することを目指した概念です。あらゆる企業は顧客がいなければ成り立ちませんから、消費者の欲求に答えられる企業でなければならないのです。
 

・・・つづきはこちら

ホスピタリティは顧客満足を得るために行われるものと認識している企業も多いですが、本来ホスピタリティは損得勘定抜きに相手の気持ちを考えて行動するときに生まれるおもてなしの心です。

・・・つづきはこちら

顧客満足の事前期待を超えるサービスの向上のためには、顧客のニーズを細やかに分析することが必要です。内容や品質、価格においてを対象者や状況において把握することが大事です。
 

・・・つづきはこちら

おもてなしは顧客の満足度を高めるために企業が主体的に動くということなのです。より上の段階のサービスに進化させることで顧客満足度の向上をはかることが重要といえます。

・・・つづきはこちら

マニュアルを超えた接客や対応は、顧客の心を動かし感動させ、信頼感なども得られるものでもあります。しかし、だからと言ってマニュアルが不要、というわけではありません。

・・・つづきはこちら

顧客満足とは、企業が提供する製品やサービスによって顧客に満足してもらうことと定義されています。そしてその中にあるサービスの定義とは事前期待に対応しニーズに合った物事の提供です。

・・・つづきはこちら

顧客満足度と従業員満足度の関係は、企業の業績に大きく影響を与えます。顧客満足度だけを重視する、従業員満足度だけを重視するのではなく、両方を向上させる必要があります。

・・・つづきはこちら

お問い合わせ