職場のハラスメントを防止するために取り組むこと

2018.11.30
セクシャルハラスメント・
パワーハラスメントの考え方は
受けた者が不快である、
辛い、意に反すると感じたら
ハラスメントとなります。


大阪府が発行している冊子に
職場内で起きやすい
セクシャルハラスメントについて
書かれていました。



スリーサイズを聞く、
体調が悪い女性に「今日は生理か?」など
性的な内容の発言は
セクシャルハラスメントとして
判断しやすいですが


女性であるというだけで
お茶くみや掃除などを強要すること
カラオケでディエットを
強要したりお酌を強要することも
セクシャルハラスメントに該当します。

240_F_96253062_6kcjos4SC2LVrkWMdAfwMq34kDLMKspH.jpg





昔は当たり前にされていたことが
たくさん掲載されていました。



防止するためには
女性に近ずかない、話さない、
雇用しないではありません。


● 女性を尊重する

● 品位を感じる対応をする

● 人間関係を良好にする


特に人間関係を良好にすることが
重要です。




仕事以外の会話が笑顔で出来る
くらいの関係性を目指すと良いです。


ですから近ずかない、話さないは
関係性を悪化し些細なことで
ハラスメントを受けたと部下が感じて
加害者になる恐れがあります。


職場では話しかけないでほしい
オーラを出さず、いつでも話しやすい
雰囲気を持つこと、
240_F_231611011_bJsgy2wdodNw8dbEMidX2UeYn0RFgGi7.jpg





部下に積極的に
話しかけることを
心掛けることが一番の
ハラスメントの防止になります。

240_F_192818896_crcLypascxlCKfpS2JtF2eG6Jk0HjbFB.jpg



お問い合わせ