管理職の大切な仕事「人を育てる」こと

2018.10.17
「企業は人なり」

管理職の仕事の中で
重要なことは人づくりです。

人財の育成に必要な
考え方やスキルは様々
企業によっています。


わたくしが管理職研修を
させて頂いた
企業の成功事例をお伝えします。



多くの企業の管理者は
プレイングマネージャーでした。



「忙しい」「時間がない」と言っている
環境で新しい取り組みを
継続して行う事は
難しいです。

240_F_215626828_mYo14tqAQhSFItFO8Bwen16iavg6sTtU.jpg







まずは
組織全体の
業務効率を高め
無駄な時間を無くすことから始めました。



毎日10分物を探す事に
時間を使うと
1年間で約42時間も
無駄なことに使っています。


探すムダをなくすには
どうすればいいのか。



それは
整理整頓です



整理整頓をする際に
使用していないもの
不要なものを
処分しますが
人によって不要か
そうでないかは違うため
チームでルールを決めます。



「この書類は使用後すぐ処分」

「これな保管」など
具体的な期限を決めて
保管か処分を決めます。


共有しているものは
誰が使用しているのか
いつ返却されるのか
どこに収納するなどを決めます。

240_F_185808877_2k6T9GqkqOUzgyYk2RjjfmVH0r2uDiD5.jpg




これが決まってから
不要なものを処分します。


処分に迷うものは
今すぐ処分するのでなく
1ヶ月~3ケ月1度も
使用しなければ
処分などのルールを
持つとよいでしょう。



捨てることに罪悪感を
感じる方にも
整理整頓ができるように
なります。




すっきりと整理整頓されていれば
集中力が増し、仕事の効率が高まります。


放置していると
またもとに戻るので
3か月後に点検を
する日を決めておきます。


3ケ月キープできれば
すっきりした状態が
当たり前になります。


整理整頓も職場風土です。


時間がない、忙しい方々は
まず自分の机から物を
なくしていきましょう。


お問い合わせ