リピート客をつくるスタッフがいると店は少人数で回せる

2018.08.08
当社の事務所のあるビルの
1階から地下2階は
飲食店が沢山あり、ランチタイムは
沢山の方でにぎわっています。


久しぶりにラーメンが食べたくなり
すごいお姉さんのいるカウンターだけの
小さなラーメン屋さんに行きました。


240_F_56663930_L4OCS1Cb6T26qwl5jiZo3pTSsq8DrY42.jpg






このお店はお姉さんの力
売上げていることが分かります。



カウンターにいるのは3名。
1人はラーメンをつくる
1人はお皿を洗う、ラーメンを
つくる人のサポートもしている。
そして凄いお姉さん。



お姉さんは並んでいる
お客さんの顔といつも食べる
ラーメンの種類、チャーハンや餃子などの
サブメニューを覚えている。


また、ねぎ少なめ、
面かためなどの好みまで把握。



座ると「みそでいい?」を笑顔で
話すとお客さんも「はい」と答える。


そして
テーブルには伝票がない。
お姉さんは注文表を
書かずすべて覚えいます。


お客さんが食べ終わる
タイミングでレジにいる。
レジをしながら餃子を焼く。
おにぎりをつくる、
配膳、下膳をする。



すごい段取りと手際の良さがある。

2年ぶりくらいに訪れたのに
私の事を覚えていてくれたお姉さん。



自分のことを覚えていてくれる
=関心があると感じて頂くことが
ファン創りには大切です。




名前を覚えていなくても
話した内容の1つでも
覚えていることが
リピート客につながっていきます。


手際の良さと
お客様の好みを覚えている
スタッフがいれば
繁盛店でも少人数で
まわすことができるのです。






お問い合わせ