これからのネット販売は AIと人の融合

2018.04.11
10年後には
人に代わってAIが
ほとんどの仕事をすると
言われています。

240_F_142428386_wi7dsSytwCS5CI3obrvYHAGIUINcMWp8.jpg




まだ実感がないと
言われ方がいますが


実際
スーパーの買い物の
精算を機械する
ところが増えました。



飲食店の注文も
タッチパネルで行い
スタッフの数が減っています。



駐車場の支払い場は
無人で
逆に人がいる
と驚くことがあります。



ネット通販を使う人が
増える中


商品についての
問い合わせ対応も
今後はAIが行う
流れがあります。



AIは想定される質問に対して
答えられても
読み込みされていない
データに対しての
回答が出来ません。



想定外の質問に対しては
人がより丁寧で温かみが
ある対応でなければ
お客様の
満足度は高まりません。




お客様の立場や
心情を察することが
必要です。



人でなければできない対応は
ネットショップへの
対応に対する期待度が
まだ低い
今、他社との差別化を
図る強力な武器になります。


240_F_186488476_XY9qdh7rRxWmKhjYv7VUqn3GKftgCdvZ.jpg


「この靴に似た赤色は
ありますか?」


や「掲載していた
ワンピースの
再入荷はありますか?」など
誰にでも
応えられる簡易な
質問や相談はAIに。



今まで簡易な質問に
使っていた時間を
より丁寧な対応を
していく時間にあてる。



顧客の満足度を高めて
リピーターをつくり
また、生涯顧客をつくることが
できるようになります。



AIでは差別化は
できません。


おひとりお一人に向き合った
対応が出来れば



お客様は皆さんの
会社やお店でしか
買わない
ファンになってくれます。







お問い合わせ